ばーちゃる陶芸教室

土器作りに欠かせない、ひも作りと板作りという技法をご紹介いたします。

出来た作品は新聞紙などの上に置いて、最低でも一週間は陰干しをして下さい。

 

 

耳付き土器の制作(ひも作り技法)

1. 粘土をひも状にのばす
2. ひもを巻いてそこの部分を作る
3. そこを平らにして、側面に重ねる
4. さらにひもを重ねる
5. 望みの高さまで重ねる
6.ひもをつぶすようにして平らにする
7. 手でつぶした後ヘラなどを使ってもよい(写真はミートナイフ)
8. 中もなめらかにする
9. 全体の形を整える
10. 縒ったひもを表面に押しつけると縄文模様!
11. ひもを結ぶと違った文様になる
12. 粘土を水で溶いて、どべ(のり)を作る
13. 接合面にどべをぬる
14. 強く押しつける
15. 接合部分を整えて、完成

 

 


 

円筒の制作(板作り技法)
 

 

1. 粘土をめん棒でのばす
2. 希望の大きさに切る
3. 新聞紙を巻いた瓶などに巻き付け、接合面はどべをつけあわせる
4. 少しおいてから瓶新聞紙をはずす
5. 丸く切り取った底と、円筒との接合部分にどべをつける
6. どべがはみ出すくらい押しつけ、ヘラなどで形を整える

 


 

ホーム
野焼き