飛鳥資料館 あすかの歌

飛鳥資料館 あすかの歌 モバイル版あすかの歌(俳句コーナー)

あすかの歌 −ネット句会−俳句川柳募集飛鳥資料館奈良明日香

テーマ:119 赤とんぼ、雲、緑、鮟鱇、肝、骨、凍る、駅、線路、出口、入り口、薔薇、味噌、醤油、台風、気圧、雨音、苺、無花果、大根、芋、おろし、栗、巻き貝、痰、咳、風邪、海、浜辺、蝶、みかん狩り、蛤、栄螺、蜆、浅利、水枕、湾曲、爆心地、夕立、夕風、地蔵、鳥、涙、石仏、玉霰、一輪、菊、朝顔、昼顔、夕顔、遠足、修学旅行、宿泊、運動会、埋火、寒い、ペンキ、隣、柿、檸檬、蟻、荒海、佐渡、日本海、峰、啄木鳥、銀杏、霧、霞、大臣、草枯る、日向、洗濯、干す、胡桃、鶏頭、凩、藍、対外、稲妻、波、斧、雉子、蛙、マスク、眼鏡、ワクチン、インフル、人口、災害、災禍、夢、百合、雑草、素人、冬雀、蝸牛、ママ他、自由季題でも募集します。 
 募集期間:20年9月29日〜20年10月29日 [受付終了]  投句数:56句
コロナですが、我が国では、一進一退とはいえ、全体的には、収束、終息の方に向かいつつはあるのではないでしょうか・・・。海外に目をやれば、まだまだ余談は許されませんが。いずれにしても、引き続きのマスク、嗽、手洗い、ソーシャルディスタンスは欠かせないでしょう。ワクチンが行き渡るまでは、その覚悟は必要ですね。
今年も、早、神無月の10月となります。地域によっては、復興もままならない状態が続いています。コロナといい、災害といい、いつどうなることやらの日々。一日一日を大切にして行くことが一番のようです。その意味では、生き方の原点に戻ったのではないでしょうか・・・。そんなこんなのなかですが、季節は廻り、いよいよ秋の到来です。句を詠むにもベストな季節。渾身の投句をお待ち致しております。9月の秀逸賞は、近々ホームページにて、発表致します。今月は、秀逸句の短冊に加えて、無農薬和檸檬等を予定しております。こちらの方も、お楽しみにして頂ければと思います。
[このテーマの句一覧へ戻る][テーマ一覧へ戻る]

No.1123 山眠る核廃棄物生き場無し
橋 基さんの投句  --20年10月28日(水)09:17:05--
核廃棄物の処理をどうするのか
削除用パスワード 

[上へ] [テーマ一覧へ戻る] [homeへ] [管理]