飛鳥資料館 あすかの歌

飛鳥資料館 あすかの歌 モバイル版あすかの歌(俳句コーナー)

あすかの歌 −ネット句会−俳句川柳募集飛鳥資料館奈良明日香

テーマ:121 師走、クリスマス、第3波、コロナ、マスク、手洗い、嗽、消毒、アルコール、持病、高齢化、ソーシャルディスタンス、蟹、海老、牡蠣、鍋、缶詰め、大根、おでん、紅葉、落ち葉、公園、鮟鱇、霜、雪、寒暖差、寒気、キャベツ、白菜、柚子、檸檬、林檎、蜜柑、ハイキング、集まる、雪虫、津軽、鳶、歯科医、病院、鬼面、無人駅、友、ライン、電話、深夜、珈琲、天麩羅蕎麦、湯茶、維新、政党、希望、偲ぶ、誕生日、プレゼント、那智、好々爺、秋桜、鰹、鮪、カブト煮、お手もやん、淡路、阿波踊り、除夜の鐘、初詣、初日の出、願、戸惑う、絆、隔離他、自由季題でも募集致します。 
 募集期間:20年11月29日〜20年12月29日 [受付終了]  投句数:214句
愈々師走です。年の瀬ですが、今年は大変な年になり、まだまだ希望の光も見えて来そうにありません。ただ、一人一人が自主的に気をつけるようになり、インフルエンザなどで亡くなる方も随分少なくはなっているとのこと。しかしコロナのワクチン接種無い中では、油断大敵です。この第3波の一番の強敵は、油断だと考えています。ここは、もう一人一人が気をつけるしか選択肢は残されていないような。このコロナ化の中に希望を見いだす為にも、そうして行きましょう。大変な一年でしたが、まだ一ヶ月は在ります。気合いを入れて、希望を見い出してゆく為にも、ここは、思いのたけを575に託しましょう!
11月霜月の秀逸句は、近々、ホームページにて発表します。今回は、秀逸句の短冊に加えて、我が家の無農薬檸檬、友人の演歌のCDなどを贈呈致します。発表を、お楽しみにお待ち下さい。
それでは、渾身の投句をお待ちしております。11月の秀逸句は、高橋基様の、金木犀道一杯の黃絨毯とします。係の方の連絡も、お待ちしております。
[このテーマの句一覧へ戻る][テーマ一覧へ戻る]

No.219 年用意終へて鏡をふとのぞく
素人さんの投句  --20年12月29日(火)12:04:02--
削除用パスワード 

この句に対する返句
 ├248.顔見れば今年も一つ皺の増え 速水正仁 (219への返句) 20年12月29日(火)13:04:44 (0)

[上へ] [テーマ一覧へ戻る] [homeへ] [管理]