Main
蘇我三代

梅山塚古墳(南東から)飛鳥時代の歴史を考えるとき、蘇我本宗家の馬子・蝦夷・入鹿の存在は、きわめて大きなものだったといわざるを得ません。

激動する東アジアの一角に位置した日本の外交、新しい続治の体制の確立をめざす国内の政治、そして支配層のあいだでくりひろげられた権力闘争、どの場面をとっても、この三人が重要な役割を演じています。


蘇我三代 詳しくはこちらから。

続きを読む▽
WEB特設コーナー::蘇我三代 : 20:02 : comments (x) : trackback (x)
ログイン
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
サイト内検索
ツイッター
ライブラリー
カレンダー
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<  2017 - 04  >>
最新記事一覧
カテゴリー一覧
最新コメント
アーカイブ
プロフィール
サイトリンク
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート
■Advertising■