<< NEXT Main BACK >>
平成23年度夏期企画展 「鋳造技術の考古学−東アジアにひろがる鋳物師のわざ−」

鋳造技術の考古学−東アジアにひろがる鋳物師のわざ−
日時:平成23年8月2日(火)〜9月4日(日)※月曜休館
   (8月14日(日)無料入館日)
場所:飛鳥資料館 特別展示室
時間:午前9時〜午後4時半(入館は午後4時まで)
料金:一般260円(170円) 大学生130円(60円) 高校生および18歳以下は無料 ※( )は20名以上の団体


 金属を溶かし、鋳型に流し製品を作る技術を鋳造技術といいます。東アジアにおける鋳造技術は、いまから4000年以上前の中国で出現し、殷周時代の複雑な青銅器を作り上げるまでに発展します。その技術は日本にも伝わり、奈良時代には東大寺盧舎那仏像を築きあげます。

鋳物師たちの「わざ」の足跡をたどることにより、東アジアの鋳造技術の歴史が見えてきました。
 本展では、東アジア史的な観点から鋳造技術の歴史的変遷をたどるとともに、奈文研の鋳造技術に関する調査研究を紹介します。


主な展示品
 伝殷墟出土笵(泉屋博古館)
 内蒙古赤峰採取羽口(京都大学総合博物館)
 唐古・鍵遺跡出土羽口・鋳型・高杯形土製品(田原本町教育委員会)
 飛鳥池遺跡出土羽口・鋳型・坩堝・砥石・湯口(奈良文化財研究所)
 川原寺寺域北限出土羽口・鋳型・坩堝・溶解炉壁片(奈良文化財研究所)
 海獣葡萄鏡鋳造実験資料(飛鳥資料館) 他





-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
[AD]産地直送販売 生食用の天然岩牡蛎(いわがき)。日本海鳥取産の岩ガキは夏に食べます。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
[AD]鳥取の夏の海の食材を代表する白烏賊(しろいか)。刺身で最高。高級刺身用のイカです。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------
[AD]珍味亀の手。塩ゆででカニとエビの味を混ぜて濃くしたような風味。お酒の肴に最高です。
特別展示室::特別展 : 10:32 : comments (x) : trackback (x)
ログイン
USER ID:
PASS:
Mode: ゲストモード
サイト内検索
ツイッター
ライブラリー
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<  2017 - 11  >>
最新記事一覧
カテゴリー一覧
最新コメント
アーカイブ
プロフィール
サイトリンク
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート
■Advertising■